/

ガソリン2.5円抑制どまり 補助金発動後、初週は170.9円

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

資源エネルギー庁が2日発表した1月31日時点のレギュラーガソリンの店頭価格(全国平均)は、1リットルあたり170.9円だった。経済産業省は石油元売りに補助金を配り、170円程度に抑える対策を実行している。価格の抑制効果は、1リットルあたり3.4円の補助に対し2.5円にとどまる。対策前に給油所が仕入れた在庫のガソリンもあり、反映にはなお時間がかかる。

経産省が激変緩和措置を発動して初めての価格調査だった。

ガソリン価格は前週比で0.7円(0.4%)値上がりし、13年ぶりの高値水準が続く。経産省は市場実勢では173.4円になると見込んでいたが、補助金の効果で170.9円に抑えられたと分析した。

灯油価格も1リットル111.0円と前週比0.6円(0.5%)高くなった。灯油は2.6円分の抑制効果だった。

都道府県別でみると、北海道や徳島、愛知など6道県で前週より価格が下がった。富山と山梨の2県が横ばい、39都府県は価格が上昇した。

1月24日時点の全国平均のガソリン価格が基準となる170円に達した。経産省は同27日からガソリンや軽油、灯油、重油の値上げを抑える対策を始めている。

具体的には3月末までの期間限定で元売りに5円を上限に補助金を配り、給油所への卸値を補助の分だけ抑制するスキームだ。理屈としてはガソリンなら全国平均で170円程度でとどまることになる。補助金は2月3日から前週比0.3円引き上げ、3.7円とする。

ただ原油価格は高止まりしたままだ。ロシアとウクライナを巡る情勢への緊張感が高まっていることが主因で、原油の国際指標となるニューヨーク市場のWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)先物の期近物は1日、1バレル88.87ドルまで上昇し2014年10月以来の高値を更新した。

補助金のすべてが小売価格に反映されたとは言いがたい。

そもそも小売価格は給油所が決める。都内のスタンド経営者は「まだ卸値が高い時期に仕入れた在庫のガソリンを販売している。政策が始まったからといって、すぐに安く売れというのは無理な話だ」と話す。

例えば対策発動前に高値で仕入れていたガソリンの在庫は、補助金の効果が及びにくい。経産省も「効果が完全に反映されるまで2週間はかかる」と見込む。これまでの原油高騰分を転嫁するために値上げした給油所もあったようだ。

今後も狙い通り、ガソリン価格が基準となる170円近傍まで下がるかは見通しにくい。元売り各社は3日以降の卸値を1.2円引き上げると系列の給油所に通知した。原油調達コストが前週比で1.5円値上がりした一方、補助金の増額は0.3円で値上げでの通知となった。

ウクライナ情勢次第では欧米の制裁などにより主要産油国ロシアからの原油供給が細るリスクが強まり、価格が一段と上昇するとの懸念は強い。激変緩和措置を終えた4月以降の原油価格の高止まりに備え、追加策の検討を迫られている。

野党は「トリガー条項」の凍結解除を求めている。ガソリン価格が160円を3カ月連続で超えた場合、税金の一部(25.1円)の課税を一時的に止める。旧民主党政権時代に設けられたが、東日本大震災の復興財源を確保するため凍結されている。

萩生田光一経産相が1月のフジテレビ番組で凍結解除を「否定しない」と発言。その後、岸田文雄首相が「あらゆる選択肢を排除しないが、少なくとも現在での解除は政府として考えていない」と打ち消した。萩生田氏も2月1日の記者会見で同調し、「トリガー条項では灯油の価格は下げられない」と指摘した。

今回の補助金のような対策は効果が感じにくい。原油高の影響は電気や化学製品などにも及び、燃料価格を特別扱いするのも公平性に欠ける。4月以降も対策を講じるのであれば政策の軌道修正が不可欠だ。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン