/

この記事は会員限定です

5G基地局整備に国内企業参画 中国勢対抗、総務省実験

【イブニングスクープ】

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

データ通信などを巡る経済安全保障の強化に向け、官民連携で高速通信規格「5G」の新たなネットワークを構築する構想が動き出す。5Gなどの基地局装置の市場は中国・華為技術(ファーウェイ)製品のシェアが高い。中国製に価格面でも対抗できる基地局装置づくりの新技術を日本メーカーを巻き込む形で確立し、中国勢の寡占を防ぐ狙いだ。

5Gの基地局装置を異なるメーカーの機器を組み合わせてつくる「オープン化」と呼ばれる新...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1084文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン