/

石油備蓄の追加放出を決定、IEA加盟国 規模はなお調整

(更新)

国際エネルギー機関(IEA)は1日に緊急の閣僚会合を開き、日米など加盟国が石油備蓄を協調放出する方針を決めた。放出は米国が提案した。国によってどの石油製品を放出するかや、放出期間を巡り検討が必要との意見が出たため、今回の会合では放出量や各国の負担割合は固まらず、引き続き調整する。

経済産業省が明らかにした。日本からは萩生田光一経産相が出席した。経済制裁の強化などに伴い4月以降、ロシアの石油輸出量が減少し、逼迫する恐れが生じている。IEAは3月にも放出を決めたが、さらに追加し、高止まりする原油価格の抑制にもつなげる。

IEAは3月に加盟国が協調放出すると決めた。放出量は1日約200万バレル、合計約6000万バレルで、米国が3000万バレル、日本が750万バレル(国内消費量の4日分)の量の放出を進めている。

原油市場の国際価格の抑制につながることが期待されたが、放出決定後に原油価格はむしろ上昇した。

会合に先立つ3月31日、バイデン米政権は5月から半年にわたって日量100万バレルの石油備蓄を放出すると発表した。他のIEA加盟国が米国に協調することになる。

IEAは4月以降、ロシアからの輸出量が原油で日量150万バレル、石油製品で同100万バレル減ると見通す。西側各国の石油会社や商社などがロシア産の原油調達を敬遠しているためだ。備蓄の放出により石油の需給逼迫を緩和する狙いがある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

2022年2月、ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響 

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン