/

この記事は会員限定です

北方領土、遠のく進展 ウクライナ危機で交渉打ち切り

政界Zoom

[有料会員限定]

ロシアは日本との平和条約交渉の打ち切りを通告した。両国間で戦後70年以上にわたり平和条約が結ばれない状態が続く。条約の締結は北方領土問題とも不可分だ。ロシアによるウクライナ侵攻の前から領土問題の進展は見通せない状況だったが、先行きはいっそう不透明となった。

「現在の条件下では日本との平和条約に関する交渉を継続するつもりはない」。ロシア外務省は3月21日に打ち切りの声明を公表した。

日本の経済制裁...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2136文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン