/

この記事は会員限定です

診療報酬改定は「誰が決めるのか」 見えぬ厚労族のボス

岸田政権 予算攻防(2)

[有料会員限定]

「ちゅうちょなくプラス改定すべきだ」。日本医師会などで構成する「国民医療推進協議会」が11月9日に開いた記者会見。日医会長の中川俊男は年末の診療報酬改定を前に語気を強めた。「新型コロナウイルス関連の補助金がなければ(医療機関は)大幅な赤字だ」

その前日には財務省が医療機関の経営は補助金を加味して評価すれば好調だとする資料を公表。診療報酬は「ちゅうちょなくマイナス改定すべきだ」と訴えていた。中川発言...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り773文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン