/

この記事は会員限定です

LNGの転売制限が緩和 過剰在庫のリスク軽減に

[有料会員限定]

日本で消費する液化天然ガス(LNG)を他国に転売しやすくなっている。石油天然ガス・金属鉱物資源機構は取引量に占める転売制限のついた契約の割合が2017年までの71%から23%に下がったとする調査結果をまとめた。日本企業が交渉を進めた成果で過剰在庫のリスクを減らす効果が期待される。

転売の制限は「仕向け地条項」と呼ばれ、主に中東から調達する契約に盛り込まれる。日本の公正取引委員会が17年に独占禁止法...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り328文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン