/

この記事は会員限定です

コロナ「後遺症」手引きを公表 厚生労働省

[有料会員限定]

厚生労働省は1日、新型コロナウイルス感染者の後遺症に関する手引きを公表した。専門家組織「アドバイザリーボード」の同日の会合で示し、自治体にも周知を求めた。かかりつけ医などに向けて診療や経過観察の方法、専門医の受診をすすめるタイミングなどを解説している。

新型コロナウイルス感染後に倦怠(けんたい)感やせきなどが長引き、仕事や学校を休まざるをえないなど日常生活に支障が出る場合がある。手引きによると、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り314文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン