/

この記事は会員限定です

ネット出品、名前や住所の開示不要に 嫌がらせ被害防ぐ

政府、特定商取引法の運用整理

[有料会員限定]

政府は電子商取引(EC)サイトに出品した個人事業者が買い手に名前や連絡先などの個人情報を開示しなくても取引できるようにする。住所や電話番号を知られて誹謗(ひぼう)中傷やストーカーといった被害にあう例があるのに対処する。

消費者庁がこのほどインターネット上の商品取引のルールなどを定めた特定商取引法の運用を整理し直した。新型コロナウイルス禍でオンラインの取引が増えており、より安心できる環境を整える。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り488文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン