/

内閣情報分析官に加藤氏 元産経新聞編集委員

政府は1日、内閣審議官兼内閣情報分析官に元産経新聞社編集局社会部編集委員の加藤達也氏(55)を充てる人事を発表した。発令は同日付。加藤氏は同社ソウル支局長時代に韓国の朴槿恵大統領(当時)の名誉を記事で毀損したとして在宅起訴され、その後、無罪判決が確定した。

加藤氏は、2015年12月に無罪判決が言い渡された直後、当時の安倍晋三首相、菅義偉官房長官と官邸で面会し、慰労されていた。

内閣情報分析官は内閣審議官か内閣参事官のうちから任命され、特定の地域や分野に関する特に高度な分析に従事する。かつて同じポストにラヂオプレス(RP)の鈴木典幸元理事が就いていた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン