/

岸田首相「サハリン2、ロシアの対応注視」

岸田文雄首相は1日、日本企業が参画するロシアの石油・天然ガス開発事業「サハリン2」の運営会社の資産を無償譲渡するよう命じる同国の大統領令について発言した。「大統領令に基づき、契約内容でどのようなものを求められるか注視しなければならない」と述べた。

訪問先の那覇市で記者団の質問に答えた。大統領令によって「何らかの措置が行われる可能性があると認識している」と指摘した。一方で「すぐに液化天然ガス(LNG)が止まるものではない」と言明した。「事業者としっかり意思疎通をはかって対応を考えなければならない」と訴えた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響 

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン