/

この記事は会員限定です

農地の違反転用、ドローンで監視 農水省

[有料会員限定]

農林水産省は農地の違反転用を防ぐための監視強化にドローンを活用する。太陽光発電の拡大に伴い、無許可で転用してパネルを置く事例の増加が懸念されている。荒廃農地にパネルを置きやすくする規制緩和も導入しており、必要な転用の手続きを経た場所では再生可能エネルギーを普及させつつ、違反転用は減らして農地を維持する。

月内にも政府が閣議決定する規制改革の実施計画に盛り込む。2021年度内に具体的な運用方法をまと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り419文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン