/

中国の現状変更「強く反対」 首相、米軍司令官と会談

会談を前に米インド太平洋軍のアキリーノ司令官㊧に席を勧める菅首相(1日午後、首相官邸)

菅義偉首相は1日、首相官邸で米インド太平洋軍のアキリーノ司令官と会談した。中国による東シナ海での一方的な現状変更の試みに「強く反対する」と一致した。岸信夫防衛相もアキリーノ氏と防衛省で会談し、台湾海峡の平和と安定の重要性を確認した。

首相とアキリーノ氏は沖縄県尖閣諸島周辺での相次ぐ領海侵入など中国の行動を念頭に、日米の緊密な連携を確認した。日米同盟の抑止力を維持しながら、在日米軍の再編による沖縄県の負担軽減を着実に進める重要性を申し合わせた。

首相は「自由で開かれたインド太平洋の実現を米国とともに進めたい」と強調した。アキリーノ氏は「現在の太平洋地域の平和は日米同盟が礎になっている」と述べた。

茂木敏充外相は外務省での会談で、米軍普天間基地(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設を着実に進めると再確認した。米軍基地のある地元への影響に配慮を求めた。

アキリーノ氏はデービットソン前司令官の後任として4月末に就任した。司令官として初の外国訪問で日本を訪れた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン