/

この記事は会員限定です

ドイツ社民党に見る政権の資格 現実見据えた外交・安保

風見鶏

[有料会員限定]

岸田文雄首相の率いる自民党が勝利した2021年10月の衆院選の1カ月ほど前、ドイツの連邦議会選挙で社会民主党が第1党になった。連立政権づくりの交渉を経て同党のショルツ氏が首相に就いた。同党が首相を出すのは16年ぶりだ。

19世紀にできた社民党は英国の労働党、フランスの社会党などとともに欧州の中道左派勢力の老舗といえる。保守系政党のメルケル前首相が長期政権を築き社民党は大連立で長く与党だったが、影...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1173文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン