/

「廃炉・高速炉開発に貢献」 原子力機構の新理事長

日本原子力研究開発機構の理事長に就任した小口正範氏が1日、都内で記者会見し、「東京電力福島第1原子力発電所の処理水処分や、ロボットを用いた廃炉に機構の技術を活用する」と述べた。発電しながら高レベル廃棄物を減らせる高速炉など「最先端の研究で世の中に成果を還元する」と意欲を示した。

小口氏は三菱重工業元副社長。日本の高速炉研究が「必ずしもうまくいっていない」との認識を示し、高速増殖炉もんじゅ(福井県)の廃炉は「極めて残念」と述べた。1月に公表した米テラパワー社との高速炉分野の協力について「日本がどう主導権をとっていくかが課題だ」と述べた。

原子力技術は「(温暖化ガスの排出量を実質ゼロにする)カーボンニュートラルという世界的な課題の解決策になる」と期待した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン