/

この記事は会員限定です

「角福」50年越しの宿題 自動車税制、迫る抜本改革

加藤晶也

[有料会員限定]

2022年度税制改正の関連法案が1日に衆院で審議入りした。その陰で早くも23年度改正に向けた前哨戦が始まっている。

「絶対に避けていきたい」。日本自動車工業会の豊田章男会長(トヨタ自動車社長)は1月下旬の記者会見で強調した。脱炭素で減る燃料課税を自動車本体への課税に振り向けることに明確にクギを刺した。これを聞いた財務省幹部は「減る分を何らかの形で補うに決まっている」とつぶやいた。

22年度与党税...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り991文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ニュースの裏側や隠れた視点、次の展開を読む動きを紹介するコラムです。原則、週初に公開します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン