/

この記事は会員限定です

人権非難決議、識者の見方は

[有料会員限定]

各国の人権にも関与する覚悟を 早大教授・青山瑠妙氏

日中関係に関する決議は珍しく両国間でイデオロギー上の対立が顕著になりつつあることを意味する。日本が人権を重視するのであれば中国だけをとらえるべきではない。各国の色々な人権問題に関与していく覚悟が要る。

日本外交は冷戦下でイデオロギー対立があるなかでも現実主義に基づいて展開されてきた。新たに人権外交という枠組みができたことで、外交の柔軟性をどう両...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り443文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン