/

オミクロン型、国内2例目の感染確認 ペルー滞在の男性

(更新)

政府は1日、新型コロナウイルスの新たな変異型「オミクロン型」を巡り、国内で2例目の感染が確認されたと発表した。ペルーに滞在歴のある20代の男性で、11月27日に成田空港から入国した。現在は医療機関で隔離しているという。政府は日本に入国したナミビア国籍の30代男性が感染していたと11月30日に発表していた。

政府によると、オミクロン型の2例目の感染者は発熱などがあり、医療機関で隔離している。同じ便に搭乗していた114人は濃厚接触者の扱いとなり、宿泊施設で健康観察する。陽性者や症状のある人は確認されていない。

男性の国籍は明らかにしていない。入国時の検査でコロナ陽性が判明し、国立感染症研究所のゲノム解析によって同型の感染が確認された。

厚生労働省は1日、濃厚接触者を宿泊施設待機とするよう自治体に求めた。これまでは宿泊施設だけでなく自宅での療養も可能だった。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン