/

この記事は会員限定です

人工呼吸器に県境の壁 コロナ下、逼迫でも未使用多く

[有料会員限定]

新型コロナウイルス患者の治療に必要な人工呼吸器が「都道府県境の壁」に阻まれている。今回の第4波で、大阪府では人工呼吸器を使えない患者が相次いだが、ピーク時に全国では受け入れ可能だった人工呼吸器の6割、約1200台が活用されていなかった。情報共有し、緊急事態には県境を越えた患者搬送の仕組みが不可欠だ。

「医療体制については、本当に極めて逼迫した状況が続いています」。大阪府の吉村洋文知事は4月28日の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1856文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン