/

この記事は会員限定です

岸田新政権、成長呼ぶ財政が急務 規模ありきの予算懸念

[有料会員限定]

自民党の岸田文雄総裁は積極財政や金融緩和を柱とするアベノミクスを踏襲しつつ、富の再分配や所得の拡大に重心を置く。成長力を底上げする具体論は今のところ乏しい。「規模ありき」の予算から脱却できなければ、経済が停滞したまま政府債務だけが膨らみかねない。企業の稼ぐ力を高める構造改革や人材の再教育など成長を呼ぶ賢い財政支出を探る必要がある。

デジタル化や脱炭素のアクセルを踏んだ菅義偉政権が1年あまりで終わる...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1534文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン