/

防衛相、米にF16飛行停止要請 燃料タンク落下で

岸信夫防衛相は1日、青森県での米軍F16戦闘機の燃料タンク投棄を受け、F16の飛行停止を米国に要請するよう指示した。同日の防衛省の幹部会議で「安全が確認されるまでの間、飛行しないよう求める」との方針を確認した。

地元への十分な情報提供も命じた。鬼木誠防衛副大臣を現地に派遣した。防衛省は在日米軍司令部と米空軍に対し「極めて遺憾な事案」だと伝えた。安全管理の徹底や原因究明、再発防止を申し入れた。

松野博一官房長官は1日の記者会見で政府として遺憾の意を米軍側に伝えたと明らかにした。「地元の方々に大きな不安を与える。あってはならないものだ」と強調した。

米軍三沢基地(同県三沢市)所属のF16は11月30日、機体トラブルで青森空港(青森市)に緊急着陸した。着陸前に燃料タンク2個を投棄し、うち1個が同県深浦町内に落下した。青森空港は滑走路が閉鎖され、民間航空機が欠航するなど影響が出た。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン