/

この記事は会員限定です

武村正義・元新党さきがけ代表死去 細川政権で官房長官

(更新) [有料会員限定]

新党さきがけ代表や蔵相を務め、非自民8党派による細川連立政権の立役者だった武村正義(たけむら・まさよし)氏が9月28日に死去したことがわかった。88歳だった。葬儀は親族のみで行った。

東大卒業後、自治省(現総務省)に入省。滋賀県知事を経て、1986年に自民党から衆院初当選した。政治改革の実現を掲げて離党し、93年に鳩山由紀夫氏らと新党さきがけを結成した。

知事として親交があった日本新党の細川護熙...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り233文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン