/

「総裁選先送りも考えず」 首相インタビューの要旨

菅義偉首相は1日、9月中旬に衆院解散に踏み切るとの観測に関し、報道各社のインタビューに応じた。主なやりとりは以下の通り。

――9月中旬に衆院解散に踏み切るとの一部報道があるが、解散や自民党総裁選の日程についてどうお考えですか。

「これまでも衆院の解散・総選挙については度々質問があった。その際に最優先は新型コロナウイルス対策だと申し上げている。今回も全く同じだ。いまのような厳しい状況では解散はできる状況ではない」

――いまは解散しないのですか。

「いまの状況ではできないということだ」

――任期満了までは解散の選択肢はありますか。

「任期満了はいつのことか」

――衆院議員の任期満了の10月21日です。

「総裁選はやるわけだから、総裁選の先送りも考えていない。そういう中で日程は決まってくるだろう」

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン