/

この記事は会員限定です

接待問題が映す衛星放送行政の誤算

広瀬洋平

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

放送事業会社「東北新社」による総務省幹部への接待問題は、官僚と事業者のルーズな関係や、衛星放送行政の不透明さを改めて浮き彫りにした。外資規制違反を巡る総務省の対応の背景には、ネット動画配信や放送に関する技術革新の進展に対する見通しの甘さがあった。路線変更に手間取る行政の硬直性も映し出している。

「電話・放送は、携帯・OTTに代替されコードカットが進む」。6月30日、全国の主要ケーブルテレビ(CATV)が加...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1268文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ニュースの裏側や隠れた視点、次の展開を読む動きを紹介するコラムです。原則、週初に公開します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン