/

この記事は会員限定です

ローカル線、自治体の背中押す数値基準 調整の動き鈍く

河野祥平

[有料会員限定]

「決して国が存廃を一律で判断するわけではない」。国土交通省の有識者会議がローカル鉄道に関する提言をまとめた7月25日、田口芳郎・鉄道事業課長は何度もこう説明した。メディア向け説明会には各地の地方紙を含め記者数十人が詰めかけ、輸送密度1000人未満という「見直し基準」に質問が集中した。

輸送密度は1キロメートルあたりの1日平均利用者数を示す鉄道輸送の主要指標だ。基準にあてはまれば、自治体や鉄道会社...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1195文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ニュースの裏側や隠れた視点、次の展開を読む動きを紹介するコラムです。原則、週初に公開します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン