/

サハリン2権益「損なわれてはならない」 官房副長官

プーチン氏が大統領令署名

木原誠二官房副長官は1日の記者会見で、ロシアの石油・天然ガス開発事業「サハリン2」を巡り「日本の資源に関わる権益が損なわれるようなことがあってはならない」と述べた。プーチン大統領が6月30日に運営会社の資産をロシア側が新設する法人に無償譲渡する大統領令に署名したことに関し答えた。

「サハリン2」には日本から三井物産三菱商事が参加する。

木原氏は「日本企業の権益の扱いや、日本の液化天然ガス(LNG)輸入への影響は現在精査中だ」と説明した。「今後の対応について現時点で答える段階にない」とも話した。

ロシア側の意図や政府と日本企業の対応に関しても「精査中」と回答した。

Twitterで最新情報を発信
政治・外交 最新情報はこちら

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻しました。戦況や世界各国の動き、マーケット・ビジネスへの影響など、関連する最新ニュースと解説をまとめました。

■動く戦況地図  ■戦況  ■マーケット・金融への影響  ■ビジネスへの影響 

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン