/

総務省 コロナ対応、地方連携推進本部を発足

「新型コロナウイルス感染症対策等地方連携推進本部」の看板かけをする武田良太総務相(1日)

総務省は1日、新型コロナウイルス対策の「地方連携推進本部」を発足させた。既存の組織を改組し自治体の支援体制を強化する。武田良太総務相は同日の初会合で「緊密な連携協力で、対策に万全を期す」と述べた。

ワクチン接種の遅れや保健所の問題など自治体の新たな課題に対応する。事務局の責任者には大村慎一地方連携総括官が就く。政府は希望する高齢者への接種を7月末に完了し、すべての希望者への接種を10~11月に終える目標を掲げる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン