/

この記事は会員限定です

無人機、兵器の力関係覆す 武力攻撃ハードル下がる恐れ

無人機の時代(中)

[有料会員限定]

ロシアの大型巡洋艦「モスクワ」が4月半ば、ウクライナの港湾都市オデッサから110キロメートルほどの黒海で攻撃を受けて沈没した。モスクワは黒海艦隊の指揮機能を担う旗艦で、ロシアの周辺海域での制海権が弱まる契機となった。

ロシア側は当初「火災が発生した」との説明に終始した。ウクライナ側は対艦ミサイル「ネプチューン」で攻撃したと主張する。次第に浮上してきたのが無人機の関与だ。

海上を動く艦船に的中させ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り956文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン