/

この記事は会員限定です

みやこキャピタルが142億円ファンド、革新機構も参画

[有料会員限定]

ベンチャーキャピタル(VC)のみやこキャピタル(京都市)は医療や人工知能(AI)、環境などの先端分野に資金を振り向けるファンドを設立した。この枠組みには産業革新投資機構(JIC)や中小企業基盤整備機構など公的な機関もすでに参加・出資を決めており、ファンド全体の規模は142億円になる。

新型コロナウイルス向けで、新たに治験が始まる投与量が大幅に減らせるワクチンをはじめ、医療関連への資金拠出もこのファ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り196文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン