/

この記事は会員限定です

「野党一本化」定説崩れる 立民、共産などとの共闘不発

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

衆院選の結果は小選挙区で候補者を一本化する共闘態勢をとれば野党に勝機が生まれるとの定説を崩した。安全保障政策などで隔たりのある共産党との連携は有権者の理解を得にくいという実態が露呈した。立憲民主党は14議席減らし執行部の責任論も出ている。

立民、国民民主、共産、れいわ新選組、社民の野党5党は全体の7割以上にあたる210超の小選挙区で候補者を一本化した。政権批判票を効率的に集約し議席につなげる戦略を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り981文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン