/

首相「解散できる状況でない」 総裁選先送りも否定

(更新)
think!多様な観点からニュースを考える

菅義偉首相は1日午前、9月中旬に衆院解散に踏み切るとの観測に関し「最優先は新型コロナウイルス対策だ。いまのような厳しい状況では解散できる状況ではない」と述べた。17日告示―29日投開票の自民党総裁選についても「先送りは考えていない」と明言した。

衆院議員は10月21日に任期満了を迎える。首相は任期満了までに衆院を解散するか問われ「総裁選はやる。そうした中で日程は決まってくる」と話した。首相官邸で記者団の質問に答えた。

首相は来週中に党役員人事を実施する方針だ。政府・自民党内には人事を断行した後、9月中旬に首相が衆院を解散するのではないかとの観測が出ていた。

二階俊博幹事長と下村博文政調会長を交代させる。後任に中堅や若手、女性議員の積極登用を促す声がある。党役員人事にあわせた内閣改造をするか判断する。首相は党執行部を刷新し、支持率が低迷する政権の浮揚につなげる狙いがある。

首相の総裁任期満了に伴う総裁選を巡り、これまでに岸田文雄前政調会長が立候補を表明し、高市早苗前総務相が出馬に意欲を示している。

総裁選前に首相が衆院を解散すれば、総裁選は衆院選後に先延ばしになる。党内からは「総裁選は予定通り実施すべきだ」との反発が出ていた。

岸田氏は8月31日のBS日テレ番組で「党のルールに従って日程も決まっている。ルール通り、しっかりやるべきだ」と指摘した。

政治・外交 最新情報はこちら

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン