/

外国人「例外入国」厳格に 興行目的など縮小、政府調整

think!多様な観点からニュースを考える

政府は新型コロナウイルス「オミクロン型」の水際対策を巡り、外国人が例外的に新規入国できる基準を厳格にする。音楽などのイベント開催目的の対象範囲を絞り込む方向だ。オミクロン型の市中への流入を防ぐ。

政府は11月30日に全世界からの外国人の新規入国を原則として止めたが、「特段の事情」がある外国人は例外として認めていた。日本人の家族や医療・外交関係者、人道上の理由や公益性がある場合などが該当する。

「公益性」を認めるかは関係省庁が協議して判断しており、これまで音楽やスポーツ、芸術の興行関係者が含まれる場合があった。東京五輪・パラリンピックの選手や関係者も公益性という理由で入国した。

自民党からは対象範囲が広すぎるとの指摘が出ており、政府は基準を厳しくする方向で検討する。

具体的な線引きは政府内で調整中だ。外国要人が入国する際の待機日数の短縮などを縮小する案も浮上している。

10月に新規入国した外国人の数は1万999人だった。五輪が開幕した7月は4万7126人だった。

岸田文雄首相は11月30日の関係閣僚会議で、オミクロン型への対応として水際措置と国内の感染予防策の徹底を指示した。同日夜、入国後に検疫所が確保した施設で待機を求める地域としてスウェーデンなど4カ国を追加した。水際対策の強化対象は計27カ国・地域になった。

政府がオミクロン型への水際強化を決めたのは11月26日で、当初は南アフリカなど6カ国からの入国者だけだった。世界的な感染拡大を踏まえて、追加対策を矢継ぎ早に打ち出している。

※掲載される投稿は投稿者個人の見解であり、日本経済新聞社の見解ではありません。

  • この投稿は現在非表示に設定されています

    (更新)
    (0/300)
(0/300)
投稿内容をご確認ください
投稿チェック項目誤字脱字がないかご確認ください
投稿チェック項目トラブル防止のため、記事で紹介している企業や人物と個人的つながりや利害関係がある場合はその旨をお書き添えください
投稿チェック項目URLを投稿文中に入力する場合は、URLの末尾にスペースか改行を入れてください
詳細は日経のコメントガイドラインをご参照ください

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン