/

この記事は会員限定です

関西の大学、学内接種の方針続々 複数校で連携も

[有料会員限定]

新型コロナウイルスワクチンについて、関西の大学が21日から始まる政府の「職域接種」に相次いで名乗りを上げている。学内接種に医学部を持つ大学のほか看護系学部を擁する大学が新たに加わり、教員の看護師らを打ち手として活用。複数の大学が連携して打ち手や会場を確保する例も目立つ。学生らへの接種で感染拡大を抑え、対面授業の再開を目指す狙いがある。

看護学部のある京都橘大(京都市)は、看護師免許をもつ「看護教員...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り988文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン