/

この記事は会員限定です

マダニ感染症とは かまれると感染の可能性、死亡例も

(更新) [有料会員限定]

マダニが媒介する感染症のことで、最近では特にウイルス性感染症「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)」を指す。SFTSウイルスは主にシカやイノシシ、アライグマなどの野生動物からマダニが媒介して人に感染する。致死率は10~30%程度と高く、死亡例の報告もある。感染地域は西日本を中心に徐々に拡大している。

マダニは山や草むらに生息しており、かまれるとSFTSに感染する場合がある。SFTSはマダニが持つ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り296文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

ビジュアル用語解説

写真やグラフィックスを交えながら用語を解説します

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン