/

この記事は会員限定です

株式投信、運用力見極め リターンや効率を長期で確認

[有料会員限定]

個人の資産運用で選択肢の一つとなるのが投資信託だ。投信は大きく分けると、運用成績が日経平均株価など指数の動きとほぼ同じになるように運用するインデックス型と、プロの運用者が個別に資産を選別し指数を上回る成績を目指すアクティブ(積極運用)型がある。国内に約6000ある公募型投信のうちアクティブ型は9割近くを占め、運用成績や手数料はまちまちだ。投資の際はどんな点に注意し、長期の資産形成にどう生かせばよい...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2554文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン