/

この記事は会員限定です

身近な「借金」に延滞リスク スマホや奨学金に注意

[有料会員限定]

後払いや少額ローンのサービスが広がっている。融資などを受ける際に重要になるのが、その人の信用情報。後払いや融資の契約状況を示すもので、その内容は一定期間、専門の機関で保管する。返済延滞などの情報が残ると、将来の取引で不利になることもある。

メルカリの決済子会社メルペイ(東京・港)は、今年8月に少額融資サービスを始めた。最短数分で審査し、最大20万円を貸す。特徴の一つが上限額や貸出金利にフリマアプリの利用実...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1583文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン