/

この記事は会員限定です

保険の「告知」なぜ必要か 病気リスク判断、負担公平に

[有料会員限定]
生命保険や医療保険を契約するときには、通常、住所や氏名のほか、自身の健康についての質問に答えます。この回答は「告知」と呼ばれ、告知の数や内容は商品により異なります。回答次第では契約ができないこともあります。

Q なぜ告知が必要なのでしょうか。

A 保険は加入者から保険料を集め、亡くなったり病気になったりした人にお金を払う仕組みです。継続して運営するには、加入者の負担が公平である必要があります。仮に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1288文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン