/

この記事は会員限定です

レバレッジ解消は続くか 米ファンド問題「慢心」へ警告

証券部 二瓶悟

[有料会員限定]

配当権利落ちで実質2020年度の最終売買日となった29日、株式市場は前週末の米市場の混乱の余波に翻弄された。米投資会社の投げ売りが株価急落や大手証券会社の損失につながる見込みとなり、リスク回避の動きが優勢になった。昨年春のコロナ禍以降の上昇で過剰なリスクが市場に蓄積しているのではないか。高値に酔う市場がほころびへの警戒を強めている。

午後2時すぎ。前週末に比べ300円ほど高い水準で推移していた日経...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1101文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン