/

この記事は会員限定です

空き家対策に先手サービス続々 住み替えや解体支援

[有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

空き家の発生を抑える新サービスが続々と登場している。実家を相続しても住まない人が増え、空き家は全国で約849万戸と過去20年で1.5倍に増加。空き家の状態が長期にわたって続くと売却や賃貸が難しくなることから、空き家になる前に次の住み手を探す取り組みが広がっている。

東急不動産ホールディングスは不動産ベンチャーのFFP(東京・港)と組み、2021年4月にも新規事業「たくす」を始める。子供の独立で住み替えを考える60代前後の世...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1145文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン