/

この記事は会員限定です

「記憶にありません」は有効? 偽証罪の成立要件

[有料会員限定]
Case:107 会社の経理部長をしています。部下が会社のカネを横領している証拠をつかみました。その証拠を部下につきつけて「どういうことなのか」と詰問したところ、部下は「記憶にありません」の一点張りです。これは業務上横領に加え、偽証罪にも当たるのではないでしょうか。

一般市民の方の多くが誤解している法律の一つに「偽証罪」があります。しばしば「ヤツは噓をついているから偽証罪で告訴できませんか」というご...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2042文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

「賃貸物件の仲介手数料は何か月分?」「子供が自転車事故の加害者になったら親の責任は?」。家計と無関係ではない身近な法律問題を取り上げ、判例などを基に弁護士の志賀剛一氏が解説します。隔週木曜日に掲載します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン