/

この記事は会員限定です

認知症、保険加入も選択肢 貯蓄・公的制度まず確認

[有料会員限定]

「認知症になったらどれくらいお金が必要なのだろうか」。東京都在住の主婦Aさん(46)はこう考え、1月に認知症保険に加入した。大手生命保険が扱う商品で認知症と診断されたら400万円の給付金が出る。会社員の夫も一緒に入り、月の保険料は合計で1万円弱。貯蓄は一定程度あるが、費用が将来膨らんで一人娘の負担になるのを避けたかったという。

認知症は要介護になりやすく

リタイア後に向けて老後資金を準備する人は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1626文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン