/

この記事は会員限定です

iDeCo、50歳からの活用術 期間延長で節税上積み

[有料会員限定]

「個人型確定拠出年金(iDeCo=イデコ)に関心を持つ50代の人が増えている」。SBI証券でイデコを担当する投資信託部次長の仲岡由麗江氏はこう話す。きっかけは5月に成立した年金制度改正法。イデコに加入できる年齢は現在60歳になるまでだが2022年から65歳に引き上げられる。イデコ加入者の増加を見込み、12月に初めて50代向けにイデコ活用に関するセミナーを開く予定だ。

手厚い税優遇

イデコは個人が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1629文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン