/

この記事は会員限定です

自転車で走行中、警官から注意 「警告カード」の重み

[有料会員限定]
Case130: 横断歩道を自転車で走行したところ、警官に呼び止められました。「歩行者の通行を妨害した」と言われ、自転車指導警告カードという黄色い紙を渡されました。普通に自転車に乗っていたのに、警告されるのは不愉快です。カードを出されたことで、法的な不利益があるのでしょうか。

相談者は大きな勘違いをしています。自転車は道路交通法上「軽車両」に該当します。横断歩道は歩行者のためのものですから、横断歩...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2548文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

「賃貸物件の仲介手数料は何か月分?」「子供が自転車事故の加害者になったら親の責任は?」。家計と無関係ではない身近な法律問題を取り上げ、判例などを基に弁護士の志賀剛一氏が解説します。隔週木曜日に掲載します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン