/

7月米相場は前座 FOMC後の8月からが本番

今年の米国夏相場には異変が起こっている。通常、8月に市場関係者の多くが夏季休暇に入り、商い薄のなか、値だけ飛ばす状況になるのだが、今年は、それが7月に来た。ダウ工業株30種平均が3万5000ドル超え、史上最高値更新など見出しは派手だが、その実態は、新型コロナウイルスのワクチン接種進展で、待ちかねた久しぶりの家族旅行などのために多くのトレーダーたちが早めの夏季休暇を取ったからだ。米国消費者物価上昇率が高水準となった要因の一つとして国内航空運賃急騰が必ず挙げられるが、ウォール街でも、マクロ経済指標というより、自らの旅行プランを作成したときのサプライズとして話題になっている。

7月に相場を動かしたのは、CTA(コモディティー・トレーディング・アドバイザー、商品投資顧問)など例年8月に売買が薄いなか相場を荒らす短期投機筋だ。オーソドックスな運用の担当者レベルでは、Zoomの会議でも、リゾートからの参加が目立った。

7月19日にダウが1日で700ドル以上急落した日も、騒ぐのはメディアばかりで、多くの市場参加者の反応は冷ややかであった。翌日に下げ幅のほとんどを回復したときも、特に驚きはなかった。

インフレ懸念のなかで、ドル長期金利が1.2%台まで下落したことも、債券市場を一時は席巻した米国債売りトレードの巻き返しというポジション調整への反動が主体で、そこに無理な意味づけは不要との本音がしきりに聞こえてくる。

かくして、現場では、もっぱら傍観姿勢が目立った。

その代わり、7月末の米連邦公開市場委員会(FOMC)から8月のジャクソンホール会議まで、8月相場の注目度は高い。8月は夏季休暇を取らず、通常勤務体制の事例も多く、例年とは明らかに異なる。

市場が今、一番知りたいことは、「インフレが一時的か否か」に尽きる。FRB(米連邦準備理事会)議長のパウエル氏は「一時的」との主張を頑として譲らない。その判断を信じる人たちと、疑う人たちで市場内の見解も真っ二つに割れる。株価が上がれば、「一時的で政策変更は遠い」とのパウエル見解が勢いを得る。株価が下がれば「一時的ではなく、経済過熱に対してFRBは後手に回る」との解釈が説得力を「一時的に」強めるが、決定打には欠ける。

ここが読めないと、今週がピークの企業決算におけるガイダンスの評価も難しい。

このような市場環境のなかで、今週27~28日に、いよいよFOMCが開催される。8月のジャクソンホール会議も含め、この2回のビッグイベントで、まずテーパリング(量的緩和の縮小)開始についての議論が深化。緩和縮小の時期及び量について、具体的な「合図」が示される可能性がある。

そのうえで9月のFOMCで決定され、最短で年内にも開始と、市場の読みも前倒し傾向だ。パウエル氏も、米国内インフレ指標の上昇幅は想定を上回ると認めている。そこで市場は、パウエル氏以外のFOMC参加者の講演などに注目して、FRB内部の空気を読み取ろうとしてきた。今週のFOMCでは、タカ派寄りの参加者が増えそうだ。このような流れを追認するようなFOMC声明文及びパウエル議長記者会見での言い回しがあれば「行間を読む」市場は反応するだろう。

最近のパウエル語録で注目されている単語は3つある。

「忍耐強く(patient)」経済動向を見守る姿勢。

「活発に(active)」緩和縮小が議論される現在の流れ。

「いくつかの(several)」会合でテーパリングが議論された事実。

このような単語が別の単語で表現されると、FED(米連邦準備制度)ウオッチャーも英文解釈講座のごとく、その意味に変化を模索することになる。

「シソーラス(類義語辞書)が手放せない」。FOMC前になるとアナリストたちから聞こえてくるつぶやきだ。

なお、来年、パウエル氏が議長に再任されるか否かも最近ウオール街でホットに議論される。総じて、再任とみられるが、ブレイナード理事の昇格説も一部では囁かれる。実現すれば、史上初、女性の財務長官とFRB議長のコンビとなるという。今回のパウエル氏の記者会見でも質問が飛ぶかもしれない。

なお、新型コロナウイルスのデルタ型についての不透明性も、8月の市場変動要因として認識されている。「7月中に夏季休暇をとっておこう。8月以降はどうなるか全く予見不能だ」との市場関係者のつぶやきが印象的であった。先週、米CNBCに国立アレルギー感染症研究所長のファウチ氏が生出演したとき、女性キャスターから「二児の母でワクチンを2回接種した。子供たちのことを考えると、対面業務も仕事柄多いので、家庭内でマスクを着用すべきか」と聞かれ、非常に慎重に言葉を選びつつ、日本語に意訳するなら、石橋をたたいて渡るなら、そう勧める、と答えていた。バイデン政権が、ファイザー社などに、変異種対応と子供用のワクチンが開発されれば、2億回分追加購入できるという「ノックアウト型オプション取引」のごとき条件付きの購入権利の確保に動いたことを、市場は複雑な思いで見守っている。

豊島逸夫(としま・いつお)
豊島&アソシエイツ代表。一橋大学経済学部卒(国際経済専攻)。三菱銀行(現・三菱UFJ銀行)入行後、スイス銀行にて国際金融業務に配属され外国為替貴金属ディーラー。チューリヒ、NYでの豊富な相場体験とヘッジファンド・欧米年金などの幅広いネットワークをもとに、独立系の立場から自由に分かりやすく経済市場動向を説く。株式・債券・外為・商品を総合的にカバー。日経マネー「豊島逸夫の世界経済の深層真理」を連載。
・ブルームバーグ情報提供社コードGLD(Toshima&Associates)
・ツイッター@jefftoshima
・業務窓口はitsuotoshima@nifty.com
  • 出版 : 日経BP
  • 価格 : 1,045円(税込み)

日経電子版マネー「豊島逸夫の金のつぶやき」でおなじみの筆者による日経マネームック最新刊です。

この書籍を購入する(ヘルプ):Amazon

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン