/

為替介入、ほくそ笑むヘッジファンド

先週末にニューヨークのヘッジファンドの知り合いたちと「Zoom」による会議の機会があった。結局、日銀が為替介入で、はからずも1ドル=140円台前半の値固めをしてくれた、との見解が目立つ。「サンキュー、ミスタークロダ」とのつぶやきが印象に残った。先週末は、ポンド売りに回っていた投機マネーも、一巡すれば、円売りに戻ってくるもくろみが透ける。短期投機筋は「新黒田ライン」を1ドル=146円に見立て、1ドル=140円台前半のレンジ内で円売買を繰り返し利ザヤを稼ぐ姿勢だ。

しかし、中期運用のグローバル・マクロ系は1ドル=150円、さらには1ドル=160円も視野に、円キャリートレードの継続あるいは新たな設定に動く構えだ。

おりからドルインデックスは113を突破して新高値を更新。歯止めがかからない歴史的ドル高の流れに逆らう、ドル売り・円買いの単独介入は所詮無理筋との意見が主流だ。

BOJ(日銀)を「永遠のハト派」と決めつける投機筋は、特に日本の経済データを追うわけでもなく、日本経済に関する知見も薄く、さらに、円を売ったからといって特に日本について勉強する姿勢も感じられない。アナリストの理論的説明には無関心だ。

たしかに、筆者の体験でも、欧米市場において外為ディーラーで成績を上げるには、理論的説明より、市場の乱高下というストレスに耐える「胆力」のほうがはるかに大事だ。スイス銀行チューリヒ本店外為トレーディングルームのトレーダーで大卒は少数派であった。アメリカンフットボールの選手みたいな男性ディーラーが、おろおろする時に、隣席の小柄の女性が冷静に売買を続ける光景が忘れられない。

今や市場の構造も激変している。ニューヨークの市場最前線では、ディーラーが、人工知能(AI)やアルゴリズムを駆使して高速度取引で為替介入に対峙している。2011年の為替介入当時と比較すると、マーケットのインフラが劇的に変化していることを改めて痛感させられた。

日銀に遠慮がないニューヨークのトレーダーたちと、「ジャパン・コーポレーション=日本株式会社」のトレーダーたちの立場の違いも鮮明である。

振り返れば、今回の1ドル=110円台からの急速な円安は、基本的にニューヨーク市場主導であった。それから、彼らは連戦連勝の勢いに乗ってしまった。チャート上の抵抗線突破や大台超えも、おおむねニューヨーク時間で起こった。日本側は説明役に回ってしまった。ニューヨーク市場で為替介入は、まさに通貨戦争との認識だ。日銀・財務省とヘッジファンドのせめぎ合いは野球でいえばまだ五回表というところか。

豊島逸夫(としま・いつお)
豊島&アソシエイツ代表。一橋大学経済学部卒(国際経済専攻)。三菱銀行(現・三菱UFJ銀行)入行後、スイス銀行にて国際金融業務に配属され外国為替貴金属ディーラー。チューリヒ、NYでの豊富な相場体験とヘッジファンド・欧米年金などの幅広いネットワークをもとに、独立系の立場から自由に分かりやすく経済市場動向を説く。株式・債券・外為・商品を総合的にカバー。日経マネー「豊島逸夫の世界経済の深層真理」を連載。
・ブルームバーグ情報提供社コードGLD(Toshima&Associates)
・ツイッター@jefftoshima
・YouTube豊島逸夫チャンネル
・業務窓口はitsuotoshima@nifty.com

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン