/

この記事は会員限定です

不妊治療、保険適用には課題 吉村泰典氏

慶応義塾大学名誉教授(生殖医学)

[有料会員限定]

菅義偉首相が少子化対策として体外受精などの不妊治療を健康保険の適用対象とする方針を打ち出した。政府は今後、議論を本格化し、2022年4月からの適用を目指すとされている。しかし保険適用が少子化対策になるという点は疑問に思わざるを得ない。

日本産科婦人科学会によると、国内で年間約5万7千人が体外受精で生まれている。出生者の16人に1人の割合である。これを保険適用にしても、体外受精で生まれる子どもが倍増...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り962文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン