/

五輪強行は壮大な賭け 海外投資家は日本株売り

米国株の変動幅が高止まりするなかで、外国人投資家のなかでは、リスク減らしの動きが目立つ。そのなかで欧州株の保有は維持するが、日本株は「五輪リスク」を嫌い、保有株を売る姿勢が顕著だ。

ただし、東京五輪・パラリンピックが終わり、五輪関連の材料が出尽くしとなれば、日本株買いも考慮する動きもある。その理由はワクチン接種の遅れ。

今、欧州株が選好される一つの理由は、接種が進んだ米国株に比し、欧州株は接種による経済効果をいまだ十分に織り込んでいない、との発想に基づく。

同様に、日本株も、接種による経済改善の織り込みはこれから、というわけだ。

米国の経済テレビ番組では連日、日本と五輪について、報道が流れる。

「日本の医師たちが、五輪中止を要求」

このようなテロップが流れると、日本に関する知見が無い多くの外国人投資家は、見出しを見ただけで反応する。日本株のイメージも、このような見出しの蓄積により形成されてゆく。

「安心安全な五輪」という表現を英訳して提示したら、一笑にふされた。

東京五輪に対する海外反対論の強さは、例えば英フィナンシャル・タイムズ(FT)の読者コメント欄に顕著である。

「日本、オリンピックという壮大な賭けを強行へ」との見出しの5月9日付の記事には、40を超える書き込みが見られる。その大半は、「日本の判断に関して理解に苦しむ」というような反対論に満ちている。

このような市場環境のなかで、東京五輪が日本株リスクとして意識されているのだ。

豊島逸夫(としま・いつお)
豊島&アソシエイツ代表。一橋大学経済学部卒(国際経済専攻)。三菱銀行(現・三菱UFJ銀行)入行後、スイス銀行にて国際金融業務に配属され外国為替貴金属ディーラー。チューリヒ、NYでの豊富な相場体験とヘッジファンド・欧米年金などの幅広いネットワークをもとに、独立系の立場から自由に分かりやすく経済市場動向を説く。株式・債券・外為・商品を総合的にカバー。日経マネー「豊島逸夫の世界経済の深層真理」を連載。
・ブルームバーグ情報提供社コードGLD(Toshima&Associates)
・ツイッター@jefftoshima
・業務窓口はitsuotoshima@nifty.com
  • 出版 : 日経BP
  • 価格 : 1,045円(税込み)

日経電子版マネー「豊島逸夫の金のつぶやき」でおなじみの筆者による日経マネームック最新刊です。

この書籍を購入する(ヘルプ):Amazon

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン