/

この記事は会員限定です

亡き親の預金が凍結 払戻制度、葬儀費や入院費に

[有料会員限定]

「母親の口座から250万円を引き出すことができて、一息つけました」。神奈川県に住む男性会社員のAさん(59)はこう話す。一人暮らしだった母親が亡くなったのは2021年11月。母の預金があった銀行2行に伝えたところ口座は凍結され、引き出しなどの取引ができなくなった。Aさんは母の入院費や葬儀費などを立て替えていたため、家計のやり繰りが苦しくなったという。

口座凍結、財産保護が目的

金融機関は通常、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1603文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン