/

この記事は会員限定です

退職金、もらい方で手取り増 一時金は非課税枠多く

[有料会員限定]

「退職金は一時金でもらうつもり。計算してみると、税金があまりかからないようだ」。こう話すのは愛知県に住む男性Aさん(60歳)。大学を卒業して38年勤めた勤務先を3月末で定年退職する。退職金は約2400万円を受け取る見通しだ。「定年後も働く予定だが、退職金の手取りは少しでも多くしたい」という。

シニア層が定年時などに受け取る退職金は老後のマネープランを支える柱の一つ。受け取り方は勤務先によって異なり...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1587文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン