/

この記事は会員限定です

拾ってもらった通帳 法的な「お礼」の金額は

[有料会員限定]
Case:101 通帳とハンコを入れたポーチをなくしてしまいました。後日、警察から見つかったとの連絡があり、受け取りに行くと「拾った方がお礼を希望しています」と連絡先を教えられました。電話をしたところ、通帳残高(500万円)の2割を要求され、仰天しました。拾得物のお礼は落とし主が「お気持ち」を支払えばよいのではないでしょうか。

昔から現金などを拾ったときには、落とし主が拾い主に1割程度のお礼をするの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2370文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン