/

この記事は会員限定です

崩れそうな空き家 自治体の「指定」で改善も

[有料会員限定]
Case:99 近所に戸建ての空き家があります。住んでいた高齢の方が亡くなり3年ほどたちますが、そのまま放置されて崩落しそうです。敷地にはゴミが投棄され、少しずつ増えています。何か対策がとれないでしょうか。

2018年9月に公表された総務省「平成30年住宅・土地統計調査」によると、全国の空き家数は848万9000戸、総住宅数に占める空き家の割合(空き家率)は13.6%と過去最高を更新しました。201...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2269文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

「賃貸物件の仲介手数料は何か月分?」「子供が自転車事故の加害者になったら親の責任は?」。家計と無関係ではない身近な法律問題を取り上げ、判例などを基に弁護士の志賀剛一氏が解説します。隔週木曜日に掲載します。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン